リン酸処理に使われる消泡剤の役割について


そもそもリン酸処理とは?

リン酸処理とは何の事かご存知でしょうか?別の名前でリン酸塩皮膜処理、パーカライジング、パーカー処理とも呼ばれる工業界で使われる用語です。古代エジプトの頃から受け継がれている技法で、金属製品に、リン酸塩を塗布、浸す、吹き付けるなどで覆うことによって腐食を防ぎ、仕上がりをきれいにする処理方法のことです。種類はリン酸亜鉛、リン酸鉄、リン酸マンガン、リン酸カルシュウム等があり、目的に応じて使い分けます。塗装の前処理などに用いたり、リン酸処理をした金属を加工する際、摩擦ダメージの軽減にも効果がある為、自動車や建材にも多く使われております。独特な仕上がりが魅力的なので、特別な理由で使用出来ない場所の為にリン酸処理風塗装という方法があります。

リン酸処理後の品質を高める消泡剤

消泡剤は名前の通り泡を消すための添加物で、金属以外にも様々な製品に使われています。身近なものとしては食品、化粧品、洗剤、胃腸のガスを除去するための医薬品などで、豆腐を例にあげると、食感を滑らかにしたり、ツルツルとした見た目にする、保存期間を伸ばす為などに使われます。

リン酸は金属に反応して水素ガスを発生しやすいため、消泡剤を使わないと気泡の跡が残ってしまいます。その為、リン酸処理には必ず消泡剤が使用されており、既に発生している泡を消してその後の泡の発生も防ぎ、見た目もきれいにし、防錆効果により製品質を向上させることができます。消泡剤の種類はシリコン系や界面活性剤、ポリエーテル,高級アルコールなどがあります。

消泡剤は、製品の製造過程で泡が発生することによって性能が落ちる、もしくは製品が完成しないという場合に、泡を発生させない、または消す目的で使用します。